遺産分割と調停

相続では、相続分の問題や不動産の問題等で話し合いがなかなかまとまらないことがあります。

相続人の間では遺産分割の話し合いがまとまりそうにない場合、第三者的な立場にある家庭裁判所という公的機関を間に入れて話し合いを進めることができます。

これを遺産分割調停といいます。あくまで「話し合い」です。

(注)調停の中で遺産のことを何から何まで決められるわけではありません。
そもそもこれが遺産に属するか、つまり故人の物なのか、などは、「前提問題」として、地方裁判所などで裁判をしなければならないことも多いのです。

その場合、調停を一時的に停止することがあります。


相続人の中に1人でも協議に同意できない人がいる場合、家庭裁判所に「遺産分割調停申込書」を提出して、調停で解決することになります。

家庭裁判所の調停委員が、相続人がそれぞれどのような分割方法を希望しているか意向を聴取し、各人が納得できるように解決案を提示したり助言をして、話し合いがうまくまとまるように進めます。
この調停の際には、相反する立場の人は別室で待機して、調停委員の前でも原則顔を合わせませんから、圧力や強制がかからない状況で話すことができます。

この調停でも全員の合意が得られないときは、「遺産分割審判申立」を提出して、家庭裁判所の審判(判決のようなもの)で結論を出します。
合意が得られた時は、調停成立といい、後々くつがえすことはできません。

審判になると、相続人同士で話し合いが行われることはなく、家庭裁判所の家事審判官裁判官が各人の主張や年齢、職業、生活状況など一切の事情を考慮して公平な審判を下すことになります。

家庭裁判所が下す審判には、強制力があるので合意できない場合でもこれに従わなければなりません。

調停を成立させたり、審判が下りると、くつがえることは原則ありませんので、後悔しないよう主張・証明すべきことは十分しておく必要があります。

調停の流れ

(1)調停の申立

申立書と必要書類を整えて、相手方の住所地または当事者が合意で定めた家庭裁判所に対し申立を行います。

(2)調停の開始

調停では、通常、まず、2名の調停委員が、申立人と相手方の時間をずらして、別々に調停に至る経緯や当事者の事情、分割案などを聴取します。
調停の手続きは非公開で行われますので、傍聴されることはありません。

また、他の当事者とは、別々の待合室が用意されているので、他の当事者と顔をあわすこともありません。
調停の期日は、1回あたり2~3時間くらいかけておこなわれ、1か月に1度くらいの頻度で開かれます。

(3)調停手続きの終了

当事者間で合意が成立し、調停委員会がその合意内容を相当と認めてこれを調書に記載すると、調停は成立します。
反対に、合意の成立する見込みがない場合には、調停委員会もしくは裁判所は、調停を終了させることができます(調停の不調)。

調停が不調になった場合には、審判手続きが開始します。

相続のコンテンツ一覧

相続に関して

 

遺言書に関して

 

遺産分割に関して

遺留分について

 

寄与分について

 

特別受益について

相続調停について

       

ImgTop7.jpg

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

相談の流れ

 

アクセス

   

弁護士法人大江戸下町法律事務所

東京本部  TEL 03-5807-2885

千葉支部  TEL 043-216-5211

柏支部  TEL 047-193-8100

〒110-0005

〒260-0015

〒277-0852

東京都台東区上野3-23-6 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉市中央区富士見1丁目14番13号 千葉大栄ビル7階

千葉県柏市旭町1丁目1番地5号 浜島ビル8階

Copyright (C) 弁護士法人大江戸下町法律事務所 All Rights Reserved.