特別受益について

相続人の中に生前に贈与を受けていたり、遺言書により多くの遺産を受け取る人がいる場合、「特別受益者」として法定相続分から取り分を減らす処理をしなければなりません。

これを特別受益の「持ち戻し」と言います。

遺産総額 4,000万円
相続人   兄、弟、妹の3人
妹は生前に新居購入の頭金として500万円出してもらっている

この場合、遺産総額の4,000万円と事前に贈与された500万円の合計、4,500万円が相続の対象となります。
つまり、4,500万円×1/3=1,500万円が各人の最終的な受取額となります。

兄 1,500万円
弟 1,500万円
妹 1,000万円+500万円(特別受益=贈与分)
 ~妹は1,500万円が受取額ですが、実際には相続時には1,000万円しか受け取れないということです。

特別受益があるときの相続額の計算方法は下記の通りです。

1.特別受益者以外の相続人の相続額の算出方法

(相続時の遺産総額+特別受益の額)×法定相続の割合

2.特別受益者の相続額の出し方

1.で算出された特別受益者の相続分-特別受益の額

「相続人の中に、生前に贈与を受けている者がいるにも関わらず、それが考慮されず不平等だと感じている」
「特別受益のある相続人がいるので、交渉したい」

といったご相談をよくお受けします。

特別受益については複雑な問題をはらんでいる場合がありますので、弁護士へご相談されることをお勧めします。
(注)非常に誤解が多いのですが、特別受益は「過去3年分に関係なく、「ずっと以前のもの」も証明さえできれば主張できます。

相続のコンテンツ一覧

相続に関して

 

遺言書に関して

 

遺産分割に関して

遺留分について

 

寄与分について

 

特別受益について

相続調停について

       

ImgTop7.jpg

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

相談の流れ

 

アクセス

   

弁護士法人大江戸下町法律事務所

東京本部  TEL 03-5807-2885

千葉支部  TEL 043-216-5211

柏支部  TEL 047-193-8100

〒110-0005

〒260-0015

〒277-0852

東京都台東区上野3-23-6 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉市中央区富士見1丁目14番13号 千葉大栄ビル7階

千葉県柏市旭町1丁目1番地5号 浜島ビル8階

Copyright (C) 弁護士法人大江戸下町法律事務所 All Rights Reserved.