遺言書に関して

「子供たちは仲良く財産分けをしてくれるだろうか」
「法定相続分とは違う形で財産を譲りたい」
「事業承継も絡むので慎重に相続したい」

当事務所にはこういったご相談が多くよせられます。

相続人ではない人に財産を渡したいといったケースや、特定の相続人には財産を渡したくないといったようなケースなどもあることでしょう。

そうした場合に将来のトラブルを未然に防ぐことができるのが遺言書の活用です。

なぜ遺言書が必要か?(遺言書のメリット)

遺言書を書く主なメリットとしては、遺産分割協議をスムーズに進められる」「自分の好きなように財産を分けることができるという2点が挙げられます。

下記のようなケースの場合には、遺言書を遺し後々トラブルにならないようにすることをお薦めします。

1.家族、親族間が不仲で相続時にはトラブルになる可能性がある

2.生前贈与で差がついている

3.特定の人(お世話になった人、可愛がっている人など)に多くを遺したいと考えている

4.同居して面倒を見てくれている人、後を託す人がいない

5.遠隔地に移住し、連絡がつかない相続人がいる

6.不動産のような分割しにくい財産が多い

7.財産を社会、地域や福祉活動などに役立てたい


一般の方は、なかなか遺言書の効力について把握していないように思いますが、遺言作成のメリットについて生前にきちんと把握しておけば、遺言はある程度有効な生前対策と言えます。

それでは遺言書を作成しておく最大のメリットを2つ挙げたい思います。

遺産分割協議をスムーズに進められる

法定相続人による遺産分割協議が不要になる遺言がない場合、原則として亡くなった方の相続人が遺産相続に関して協議を行い、協議が整えば遺産分割が行われるのですが遺産分割協議で一番大変なことは、相続人全員の足並みを揃えることです。

一人でも不同意な者がいれば、骨肉の争いとなり、いわゆる遺産相続争いにつながりかねません。遺産相続で、争いになってしまう多くのケースが、「私と私の子どもには、遺言書なんて必要ない」と安易に考えて、遺言書を残さなかった方の場合に多いのが、残念ながら実情です。

自分の死後、残される財産に関して相続人にどのように遺産分けをして欲しいかを明確に書きとめておけば、こうした遺産相続争いを防ぐことができます。

相続争いは、自分の子供以外にも、子供の配偶者やその両親、または相続人となった自分の兄弟やその関係者など、様々な人間関係が絡んできてしまう(はっきり言えば、余計な口を出してくる)のが、その複雑たるゆえんです。

ですから、遺言書は、親族間の全員の平穏を導く保険とも言えると思います。

自分の好きなように財産を分けることができる

自分が死亡した後のこれからのことを考えた場合、自分としてはこの人にお世話になったからこれをあげたいとか、この財産は子供の中でもこの子が活用すると後々まで維持できる、その代わりにこの財産はこちらの子に残したいという、あなたの「想い」があるはずです。

しかし、その想いは意外なほど、周りの人からはわかりません。
ですから、
自分の好きなように遺産分割をして欲しい場合、遺言書を作成し、充分な生前対策を行う必要があります。

これがしっかりと出来ていれば、ほとんど自分の好きなように財産を相続させることができます。


付帯事項のすすめ

公正証書遺言の中に、「兄弟仲良くしてほしい」とか「年1回は墓参りをするように」といった法的な事項ではないことを書くことがあります。
これを付帯事項といいます。

この付帯事項は法的な効力がない(従うも従わないも自由)故に軽視され、記載していない遺言も多くありますが、私は積極的に活用すべきだと思います。

というのは、「親の心、子知らず」「夫(妻)の心、妻(夫)知らず」で、遺言者として子や妻(夫)のことを心配して良かれと思って遺言しても、全くの平等でないと思わぬ波風が立つことがあります。
「私は○○がほしかった」「何で○○だけ多いんだ」などと。

勿論それが単なる遺言者のえこひいきならダメですが、例えば「息子には自分の事業を継いでほしい。経験上、ここ20年は大変だから、本社ビルに加え運転資金として預金を多く渡したい。それでも失敗した時は、あいつの性格なら自己責任としてやりきるだろう。娘も目にいれても痛くないほどかわいいが、娘を切った張ったの世界の事業にかかわらせるのは不安で苛酷だ。娘には貸しビルをあげ、息子ほどは多くないがむしろ安定した収入をあげたい」というのはどうでしょう?

まあ一部の偏ったフェミニストなら男女差別というかもしれませんが、多くの相続人は理解できるのではないでしょうか。
それを「書いてほしい」のです。

「そんなことは普段から言っているから大丈夫だ」…そうかもしれません。
それならそれで大丈夫ですが、そうでない場合の準備が、死後先祖となるあなたの役目なのです。

あなたの家族の想いを伝えること、そして家族の将来を守ること、たった10行程度の文章で出来たら素晴らしいとは思いませんか

相続のコンテンツ一覧

相続に関して

 

遺言書に関して

 

遺産分割に関して

遺留分について

 

寄与分について

 

特別受益について

相続調停について

       

ImgTop7.jpg

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

相談の流れ

 

アクセス

   

弁護士法人大江戸下町法律事務所

東京本部  TEL 03-5807-2885

千葉支部  TEL 043-216-5211

柏支部  TEL 047-193-8100

〒110-0005

〒260-0015

〒277-0852

東京都台東区上野3-23-6 三菱UFJ信託銀行上野ビル8階

千葉市中央区富士見1丁目14番13号 千葉大栄ビル7階

千葉県柏市旭町1丁目1番地5号 浜島ビル8階

Copyright (C) 弁護士法人大江戸下町法律事務所 All Rights Reserved.